コロナ脳の増加がやばすぎる件-洗脳を解くためにPCで情報を

緊急事態

ようこそ。緊急事態.comへ。私が管理人の伊佐頭 時男(いざとう ときお)と申す。あなたがこのサイトにたどり着いたということは世の中に危機や緊急事態が起こっているということだろう。今回もトクダネを提供するので是非万全に備えて欲しい。

やばすぎる事態に刮目せよ!

起こりつつあるコロナ脳の増加がデンジャラスすぎる話

危険

危機のプロである私(伊佐頭 時男(いざとう ときお))には多方面から情報が入ってくるのだ。それでかなりヤバい事態がわかってきたのだ。そしてそれというのがコロナ脳の増加なのである。本当にこんなことが起こらなければいいのだが。

コロナ脳
ころなのう

コロナ脳とは、新型コロナウイルスに対して過剰に反応してしまう心理状態、または、そのような状態にある人のことを指す。(ピクシブ百科事典)

考えれば考えるほどますます頭から離れなくなり、私はコロナ脳の増加に関することを深く追求することに決めた。

このままコロナ脳の増加などのヤバい現実があることに気づかず通り過ぎてしまうとしたらあまりに脅威的なことだと思う。このままコロナ脳の増加が進行してしまえばむざむざ多くの人がワクチンを受けるはめになることになってしまうことは想像に難くない。まだ知らなかった方は現状認識として頭の片隅に置いていただきたい。

ワクチンによる人口削減計画についてはこちらを参考にどうぞ。

「新しいワクチンや生殖プログラム、健康保険を正しく使うことによって、15パーセント人口削減できる」と述べているのですが、人口を15パーセント分を減少できると言っているのか、全体の15%にまで減らせると言っているのか…。常識的に考えれば、前者の意味だと思うのですが、その後の発言を聞くともしかして後者の意味では…という気もしてきます。

「新しいワクチンの開発によって毎年死亡している子供の数を900万人から半分に削減できる」と言っています。しかし、そのすぐ後に、「それによって病気を減らし、人口削減できる。自分たちの社会が自分で面倒を見ることができるチャンスが与えられる」と言っているのです。

通常、病人が減って、子供の死亡率が下がれば人口は増加すると考えられるのですが、「新しいワクチンが人口削減してくれる」というのですから、それはワクチンによる不妊処置とか避妊によって、出生率を下げたり、病気を誘発して人口を減らすということになります。(ビル・ゲイツが「ワクチンで人口削減が可能」と発言した真意とは?)

ツイッターでも少なからぬ人がコロナ脳の増加のヤバさについて語り始めている

噂

このような事態はすでにツイッターなどでも噂になりつつある。ツイッターを時々気にしてみていたら、ハッとする危機に関する話があったので見ていただきたい。

これを見るとコロナ脳の増加が着々と進行してることが見て取れるのではないだろうか。主観にもよるが、このような状況に言及している人の多さが意味するのは現実があることを心にとどめておく必要性もあると言えるのではないだろうか。ぜひともこの現況をツイッターで確認して必要な対応策を取るようにして欲しい。

コロナ脳の増加に対しどのような良い案が存在するか

危機の解決策

個人的にはこうした事柄(コロナ脳の増加やそれに似たこと)に備えるためにはパソコンでの情報収集が重要だとかねてから考えてきた。

パソコンでの情報収集さえ適切に利用できれば、コロナ脳の増加の結果避けられないこと(例えば先ほど挙げたむざむざワクチンを受けるはめになることなど)があったとしても、どうにかなると思うからだ。パソコンでの情報収集といっても色々あるが、推奨したいのは中古パソコンだ。中古パソコンをあなたにおすすめしたいのはブラウザで同時並行的に情報を調べることが可能になるからだ。

(これならコロナ脳の増加にも対処できそうだ…)

わかりやすく説明してみよう。

コロナ脳の増加を食い止めることは不可能なので自分が洗脳を解くしかない

私はコロナ脳になると元に戻すことはなかなか難しいと思っている。海外ではマスク反対デモが起きているのに日本では99%の人間がマスクをしているではないか。論理性は通用しないと見た方が良さそうだ。

できることは自分がコロナ脳にならないことである。そのためには当サイトも含めコロナ脳でないサイトの情報を集めるしかないだろう。

そのためにパソコンを持っていない人はぜひ持っておいて欲しい。中古で2万円のものでも十分だ。

スマホだけしかない(パソコンを持たない)ことのリスク

私はスマホ脳と呼んでいるがスマホでしか情報を得らないと、情報を求める>情報が返ってくるのアクションとリアクションがシングルタスク化(一方通行化)してしまい、様々な情報を参照して複合的に物事を考えることがだんだんできなくなってくる。

こうなってくるとメディアの扇動にも簡単に載せらてしまうのだ。

こうしたことを防ぐためにパソコンで情報検索することがとても大事なのだと繰り返し強調させていただきたい。当サイトにある様々な緊急事態を見れば「ひょっとすると生き残れない可能性」すら見えてくるはずだ。

生き残るためには「パソコンによる情報収集と情報分析のマルチタスク化(j複合的視点)」が重要になると申し上げているのだ。

きっぱり言っておくがパソコンを持っていなと生き残れない可能性がある

本当に安いもので構わないのでぜひ1台中古でいいのでパソコンを入手していただきたい。

このように思うのは私だけではないはずだ。

もっといいアイデアがある人もいる可能性はあるが、まずはこの方法をおすすめしたい。中古パソコンを使いこなせればコロナ脳の増加のような事態も乗り切れると思うので公式サイトを見てみて欲しい。

さて、この記事で皆様の認識が少しでも深まっていれば幸いだ。コロナ脳の増加についてもしっかり認識していただけただろうか。

どうやら私たちの知らないやばい事態が密かに進行しているのかもしれない。当サイトでは引き続き緊急事態について調査するとともに有効な対策を提案することで読者の方が生き残れるようにしていきたいと思う。ぜひ他の記事も読んでいってほしい。記事を探すにはサイドバーなどのカテゴリーが使いやすいと思うぞ。

それではまたの機会に。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)