5万戸もある世田谷の空き家がやばすぎる!ゴーストシティ化も目前なのか

緊急事態

こんにちは。私が緊急事態.comを運営している伊佐頭 時男(いざとう ときお)だ。今回の話題もかなりやばいのでぜひじっくり読んでいってくれ。それでははじめたいと思う。

やばすぎる事態に刮目せよ!

ところで今回は5万戸もある世田谷の空き家について書いていくので、じっくり読んで欲しい。

5万戸もある世田谷の空き家という非常事態が発生?あまりにも物騒だ

危険

Oh!なんてことだ神はいるのだろうか

そこまで言う理由は、ふと情報筋から耳にしたある現況がとてつもなく物騒であることが明らかになりつつあるのだ。それが起きうる5万戸もある世田谷の空き家という事柄である。こんなことがあってたまるものか、と思ってしまうほどである。

そんなわけで当サイト(緊急事態.com)がこの5万戸もある世田谷の空き家のことについて深く追求することに決めた。

このまま5万戸もある世田谷の空き家などのヤバい現実があることに気づかず通り過ぎてしまうとしたらあまりに脅威的なことだと思う。もし杞憂ではなく5万戸もある世田谷の空き家が進んでいった場合、将来的にゴーストシティ化してしまうことは想像に難くない。私こと伊佐頭 時男(いざとう ときお)は勇気を振り絞ってこの現実があることを追求していくことを心に誓っている。

ツイッターでも少なからぬ人が5万戸もある世田谷の空き家のヤバさについて語り始めている

噂

このような事態はすでにツイッターなどでも噂になりつつある。ツイッターを時々気にしてみていたら、ハッとする危機に関する話があったので見ていただきたい。

これを見ると5万戸もある世田谷の空き家が着々と進行してることが見て取れるのではないだろうか。主観にもよるが、このような状況に言及している人の多さが意味するのは現実があることを心にとどめておく必要性もあると言えるのではないだろうか。ぜひともこの現況をツイッターで確認して必要な対応策を取るようにして欲しい。

5万戸もある世田谷の空き家への対策は何がふさわしいか

危機の解決策

私自身はこの5万戸もある世田谷の空き家に付随する現況や起こりうるゴーストシティ化ということに備えるためには不動産投資が重要だとかねてから考えてきた。どこかがゴーストシティ化するのは避けられないし個人では対応できないが、それに応じた行動はとれるからだ。

不動産投資を有効に使いこなせれば、5万戸もある世田谷の空き家の結果避けられないこと(例えば先ほど挙げたゴーストシティ化など)があったとしても、何とか乗り切れると思うからだ。私が不動産投資の中でおすすめするものはコンシェリア J Assetである。なぜコンシェリア J Assetを特におすすめするのかというと逆に投資のチャンスだからである。

もう少し詳しく見ていくこととする。

市場の低迷こそが不動産投資のチャンスである理由

不動産は市場の低迷>バブルということを繰り返してきた。ゴーストシティ化しているような状態で勝っておいて10年後に売ったら何千万か儲かる可能性もたかいだろう。

市場の低迷こそがチャンスである。

少なくとも私はこう考えている。

不動産投資には少額で始められるものがおすすめだ。ゴーストシティ化で不動産市場自体が低迷し、ワンルームマンションの供給も細っているだろう。余裕のある人はこの際投資してみることをおすすめする。

もっといいアイデアがある人もいる可能性はあるが、まずはこの方法をおすすめしたい。コンシェリア J Assetを工夫して活用することにより5万戸もある世田谷の空き家のような現実があることも何とか出来るはずだから、暇な時でいいので公式サイトを見てみて欲しい。

さて、この記事で皆様の認識が少しでも深まっていれば幸いだ。5万戸もある世田谷の空き家についてもしっかり認識していただけただろうか。

どうやら私たちの知らないやばい事態が密かに進行しているのかもしれない。当サイトでは引き続き緊急事態について調査するとともに有効な対策を提案することで読者の方が生き残れるようにしていきたいと思う。ぜひ他の記事も読んでいってほしい。記事を探すにはサイドバーなどのカテゴリーが使いやすいと思うぞ。

それではまたの機会に。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)