Twitter 極左化 Gab

Twitterが極左化してGab.comに大量流入?!怒ってる日本人が多すぎてやばい!緊急事態!
緊急事態

ようこそ。緊急事態.comへ。私が管理人の伊佐頭 時男(いざとう ときお)と申す。あなたがこのサイトにたどり着いたということは世の中に危機や緊急事態が起こっているということだろう。今回もトクダネを提供するので是非万全に備えて欲しい。

今回もまた非常にやばい事態が進行しているのがわかったのだ

さて今回は極左化したTwitterから凍結されて大勢の人たちがGabなどの別のSNSに移行する事態について書いていくこととする。

最近話題になっている極左化したTwitterから凍結されて大勢の人たちがGabなどの別のSNSに移行する事態が物騒すぎる話

危険

緊急事態のプロである情報通の私こと伊佐頭 時男(いざとう ときお)にはあちこちから色々な危機に関する話が入ってくるのだ。そしてかなり危険な現況がわかってきたのだ。そしてそれというのが極左化したTwitterから凍結されて大勢の人たちがGabなどの別のSNSに移行する事態なのである。あまりにもひどい未来が想像されて、気がめいっているところだ。

そんなこんなで私は極左化したTwitterから凍結されて大勢の人たちがGabなどの別のSNSに移行する事態に関する様々な事象を決して無視しないことに決めたのだ。

このまま極左化したTwitterから凍結されて大勢の人たちがGabなどの別のSNSに移行する事態などのヤバい現実があることに気づかず通り過ぎてしまうとしたらあまりに脅威的なことだと思う。状況が変わらず極左化したTwitterから凍結されて大勢の人たちがGabなどの別のSNSに移行する事態が予想を超えて進行していくような場合、SNSの勢力図が激変することとなる未来も想像がつかないわけでもないのだ。これを知らなければ危機に陥る場合もあると思ってしっかり読んで欲しい。

Gab.comでも取りざたされる極左化したTwitterから凍結されて大勢の人たちがGabなどの別のSNSに移行する事態の危険性

噂

いつの間にかこの極左化したTwitterから凍結されて大勢の人たちがGabなどの別のSNSに移行する事態という事態がGab.comなどで騒がれており、大事になりそうな雰囲気があるのだ。Gab.comを時々気にしてみていたら、これは紹介しないとといううわさ話があったので載せさせていただく。

gab.comgab.comgab.com

これを見ると極左化したTwitterから凍結されて大勢の人たちがGabなどの別のSNSに移行する事態が着々と進行してることが見て取れるのではないだろうか。なんとなくだが、このような事態に関心を持っている方々が増えていることでもそのヤバさがわかる気がするのだ。状況に対してナーバスにならなければならないのかもしれない。あなたもすぐGab.comや当サイト(緊急事態.com)なども活用しつつ、出来うる限りの対応策を取るようにして欲しいと思う。

極左化したTwitterから凍結されて大勢の人たちがGabなどの別のSNSに移行する事態への良い案はどのようなものがあるのか

解決策

私はこのような事柄(極左化したTwitterから凍結されて大勢の人たちがGabなどの別のSNSに移行する事態)に対応するためにGabなどの自由なSNSに注目すべきだと考えている。

Gabなどの自由なSNSをきちんと活用することができれば、極左化したTwitterから凍結されて大勢の人たちがGabなどの別のSNSに移行する事態がこのままどんどん進行していった結果、運悪くSNSの勢力図が激変するなどの事態となった場合でも、ぎりぎりうまくやっていけると思うからだ。

というのも別のSNSに移ればいいというのも事実だからな

Gabなどの自由なSNSが必要となるようなこのカオスな現況におすすめするものは他でもないパソコンでの情報収集である。パソコンでの情報収集をとりわけ重視したわけはブラウザで同時並行的に情報を調べることが可能になるからである。

もう少し詳しく見ていくこととする。

まず、ツイッターが極左だという話を多くの人が言いだしたのは民主党のジョーバイデンが不正選挙をやり、それが白日となり、さらにそれに対して批判的なことを言ったアカウントが凍結されたり一時的にロックされたりという事態が起こったからだろう。

全く気づくの遅すぎる

本当にこうした誰でもわかる事態にならないとみな気づかないんだな、と私は半ば呆れかえっているのだ。日本人はおおむね情弱すぎる。全然何も分からず、カンも鈍く、何にも気づかない。

今回も明らかに目に見えて不利な扱いをされてようやくそのことに気づいたのだ。

こう言ってみたにせよ、私は単にバカにするために言っているのではない。一人でも多くの日本人が自分が情弱であることに気づき、そこから脱却するために自分で調べ始めて欲しいのだ。そこからすべてが始まるといっても過言ではないだろう。

何回考えてもこのような結論になる。

もし何らかの危険性を感じ取ったなら、ひとまずこれを検討してみてはいかがだろうか。パソコンでの情報収集を工夫して活用することにより極左化したTwitterから凍結されて大勢の人たちがGabなどの別のSNSに移行する事態のような現実があることも何とか出来るはずだから、暇な時でいいのでぜひチェックしてみて欲しい。

今まで極左化したTwitterから凍結されて大勢の人たちがGabなどの別のSNSに移行する事態のようなことが起こっているとは思いもしない人も多かったのではないだろか。

何回考えてもぞっとするほどヤバすぎる!

どうも胸騒ぎがしてならない。このような危機が日本や世界に迫っていたなんて。我々は迫りくる危機にどれほど備えができているのだろうか。こんなことを考えつつ一旦筆をおきたいと思う。

またの機会を楽しみにしている。

アリーヴェデルチ!

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)