マンデラエフェクト 原爆ドーム

原爆ドームの屋根がなくなった!?果してマンデラエフェクトか事実の改変か
緊急事態

ようこそ。緊急事態.comへ。私が管理人の伊佐頭 時男(いざとう ときお)と申す。あなたがこのサイトにたどり着いたということは世の中に危機や緊急事態が起こっているということだろう。今回もトクダネを提供するので是非万全に備えて欲しい。

やばすぎる事態に刮目せよ!

ところで今回は原爆ドームに屋根があったのになくなっている事態について書いていくので、じっくり読んで欲しい。

起こりつつある原爆ドームに屋根があったのになくなっている事態がとんでもなく素っ頓狂すぎると思ったので調べてみた

危険性・緊急事態

このままではまずいんじゃないか!本当に危険な気がしてきた

大げさだと思うかもしれない。しかし、ある事態が非常に鬼気迫っていることが明瞭となりつつあるのだ。それが今から書く原爆ドームに屋根があったのになくなっている事態なのである。私は詳しいだけにこのことに暗澹たる思いしかないのである。

そういう考えに至り、その後原爆ドームに屋根があったのになくなっている事態に関する様々な事象をスルーせず本腰を入れて調査することに決めた。

こんな危険な事柄が起こっているのに知らない人もいるのでは。

全く大変なことになってきたな…
ぶっちゃけた話原爆ドームに屋根があったのになくなっている事態等の事態が進行していってしまったら、ひょっとしたら歴史が改変されていることになるということもあながちないとは言えないのだ。こうしたことはすでにかなりの人が語り始めている。

すでにツイッターでも噂になっている原爆ドームに屋根があったのになくなっている事態の恐ろしさ

噂

私も知らなかったのだが現実があることはツイッターで噂になりつつある。ツイッターをしばらく見ていたら、かなり正鵠を射た指摘があったので紹介したい。

https://twitter.com/isFAUBAaMnamy3z/status/1445934824875642881?s=20

これを見ずして、原爆ドームに屋根があったのになくなっている事態の進行を予測することも難しいかもしれない。ぱっと見で、このような危険な事態について言及する人が多ければ多いほど、状況に対してもっと深刻な危機感を抱くべきではないだろうか。こうした原爆ドームに屋根があったのになくなっている事態のような現況も決してあんたと無関係ではない。何かしらの対策をとるよう要請したい。

関心があったのでさらに詳細に原爆ドームに屋根があったのになくなっている事態を調べていたらわかったこと

参考になったので、まあお目を拝借。

広島の原爆ドーム、私の記憶では半分外れかけた緑色の屋根がついていました。
実際は、屋根は全部吹っ飛んで骨組みだけ残っているそうですが、どうも納得出来ません。
中学の頃、修学旅行で広島に行ったので中学の頃の修学旅行文集を倉庫から探し出してきて読んでみました。すると、120名中2名が原爆ドームの外観について言及しており、どちらも「屋根は全部吹き飛んでおり」となっていました。物的証拠としては、当時から屋根がなかったということになります。

ところが、文集を読んでいて無茶苦茶気になった事が一つ。
かなり多くの人、正確には7名が「広島も街は緑色」というフレーズを使っているのです。広島の街って、そんなに緑色無かったし、原爆ドームや資料館周辺以外は発達した街のイメージでした。文集にも、「ドーム周辺のみ戦争の爪痕が残っており後は素晴らしく復興している」なんて書いている人もいます。それなのに、街自体が緑色ってなんか釈然としないですね。もしかしてこの辺にマンデラの痕跡が残っている・・・可能性もないこともないですね。まあ思い付きだけですけどね。

原爆ドームに屋根があったのになくなっている事態への対策は何がふさわしいか

解決策

私はこのような事柄(原爆ドームに屋根があったのになくなっている事態)に対してマンデラエフェクト現象を詳しく知っていくことがとても重要な意味を持つと考えている。

マンデラエフェクト現象を詳しく知っていくことをうまく活用すれば、事態がとことん進行して、最悪歴史が改変されているという終末的な現況になってしまったとしても、どうにかなると感じているからだ。

様々なマンデラエフェクト現象を詳しく知っていくことから特にもっとも対処しやすいと思うのは共感できる知人を持つことである。共感できる知人を持つことをあなたにおすすめしたいのは記憶違いなのか現実だったのか主観的判断を下せるからだ。

(これなら原爆ドームに屋根があったのになくなっている事態にも対処できそうだ…)

以下ようにいえないだろうか。

原爆ドームの屋根がなくなった?これは何を意味するのか

こうしたことは、いわゆる支配層がやっている人為的なことだと思うか。あるいは神がやっていることなのか。

仮に人為的なことだとしたら、それをやっているものは歴史的遺物をも改変してしまう悪の勢力だということなのだろうか。

こういうことについても自分で考えてみるといいだろう。

このように思うのは私だけではないはずだ。

この記事を読んで何か対応策をしたいと思った方には、これがおすすめだ。私はこのやり方がベストだと思っている。共感できる知人を持つことを使いこなせれば原爆ドームに屋根があったのになくなっている事態のような事態も乗り切れると思うのでぜひチェックしてみて欲しい。

そろそろ時間が来たようだ。考えれば考えるほど危ないこと(原爆ドームに屋根があったのになくなっている事態)はまだまだあるのだなと思う。

いかがだっただろうか。このような危機を知らなかった人も多いに違いない。危機を知らないと人間備えもできないものだ。ぜひこのような緊急事態が起こっていることを深く認識して、備えを怠らないようにして欲しい。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)